男子学生弁当ブログ 昆布文字弁当

可愛いお弁当は作れないけど、そこそこ美味しいお弁当作ってます

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

スポンサーリンク

お弁当用伊達巻き 試作①

0





ここのところちょくちょく作っているおせち料理。
・・・って、どうしておせち料理を今なのか?ですよね。

うちの次男も有元葉子さんのおせちの本を見て、
「ふむふむ、有元家のおせち作り、ねぇ・・・って、何で今頃なんか~い!!」
と突っ込まれましたが。







それに子供も大きくなり、これから先のお正月をどう過ごすのかは全くわからず。
今さらおせち料理を作ったってしょうがないのでは?と自分でも思いました。


でも私の人生はまだまだこれから先が長い!(と思っている)
これからは夫婦二人でお正月を過ごしたり、
もしかしたらそこには子供たちがお嫁さんを連れてくるかもしれないし、
孫なんかを連れてくる日もあるかもしれないし。


その時に、「うちのおせちの味があったらいいな」と思ったのでした。


これまではずっと、お正月はピヨ彦実家に帰省していたのでおせち料理を作る機会はなかったけれど、今こそ自分なりのおせち料理を作る時なのかも。そう思ったのです。


でもおせち料理って何も特別なものである必要もないなと思うのです。
もちろん特別な食材を使う料理があってもいいけれど、
普段から食べられる野菜料理やちょっとしたおかずとして、おせちを活用できるかなと。

そこでまずはお弁当にも入れられるおせち料理ということで、伊達巻きを作ってみました。

datemaki.jpg

お正月にも伊達巻きを作りましたが、どうも納得がいく出来ではなかったので・・・
今回はまずまずの仕上がりになったかなと。


お正月に作った伊達巻きはフライパンで作ったため、火の調整が難しく、結果美しい色味が出ませんでした。

そこで今回はオーブンを使った伊達巻きに。するととてもいい感じの色合いとなりました!
datemaki_1.jpg

味も大切だけど、やっぱり料理は見た目も気にしたいですね。


がしかし、やっぱり味も大事 ←ってどっちだ
今回は、お正月に作った味にもう少し甘味を足してみました。

その時作ったレシピが見当たらなくなってしまい(ちょっと困ってる)、
確かレシピよりもハチミツを大さじ2程度足して作りました。
卵は2個で、200℃のオーブンで焼いた後、180℃に下げてさらに焼いたら出来上がり。

datemaki_2.jpg

でもやはり味は少し甘かった・・・この辺が微妙ですね。
市販の伊達巻きは甘過ぎだし、お正月に作ったのは物足りなかったし。
うちにあったレシピが見つかるのが先か、試行錯誤して作ってみて見つかるのが先か。

それもまた楽しい作業ではありますが。







☆゜.+:。゜ 今日も読んでいただきありがとうございます ゜.+:。゜☆
にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ



 

スポンサーリンク


☆゜.+:。゜ 今日も読んでいただきありがとうございます ゜.+:。゜☆
 にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。