男子学生弁当ブログ 昆布文字弁当

可愛いお弁当は作れないけど、そこそこ美味しいお弁当作ってます

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


☆゜.+:。゜ 今日も読んでいただきありがとうございます ゜.+:。゜☆
 にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ

おせち料理2016年の覚え書き

2






おせち料理。
結婚したばかりの頃・・・いえ、子供が生まれてからは特に
「うちのおせち」
を作りたくて仕方ありませんでした。


自分は実家のおせちを食べて育ち、おせち料理の意味もわかっていますが、
今の子たちにもそういうものを伝えていかないと、という強い使命感のようなものもあり。


でもピヨ彦の実家が遠方にあるため、せめて年に二回のお盆とお正月の帰省を・・・
ということを続けてきて20年、私がおせち料理を作ることはほぼありませんでした。


それでも、たまに帰省しないお正月(多分3~4回?)にはおせちを作っていましたが、
昨年などは元旦から私の実家に行ったので作らずじまい。


そして今年、ギリギリまで帰省するかどうか決まらず、結局急きょおせち料理を作ることになったのですが、以前とは違い
「めんどくさ・・・」
と思うようになってしまっていました(-_-;)


だけどそれじゃ良くないから、せめて作りやすい物だけでもいくつか作ろう、
そして子供たちにおせち料理クイズなんかをしながら食べようと思い、よろよろと立ち上がり(※イメージ)買い物へ。


がしかし、スーパーというのは主婦にとってある種のアドレナリン注入場所というか(笑)
おせち料理の材料が華やかにズラリと並んだあの場所に立ち、
「今年はおせちはいらないね」
と言えるのか?否、言えぬ!!とかぶせ気味に即答しました(※心の中の問答)。


結局、少しだけ・・・と思っていたのにあれこれ作ることになりました。

来年・再来年とどんなお正月を過ごすことになるかはわかりませんが、未来の自分のために覚え書きとして残しておくことにします。



レンコンが豊富にあったので酢ばす。
osechi2016.jpg

残ったら刻んで酢飯に混ぜてお稲荷さんにしようと思って。


八幡巻きは有元葉子さんのレシピ。
osechi2016_1.jpg





また「偽牛肉」に騙された!一見大きな薄切り肉なのに、実はこま切れの寄せ集め(涙
しっかり巻いたけど焼いているうちにはがれてきた・・・


でも中のごぼうと人参にしっかり味がついていて、牛肉には絡める程度の味付けで美味しかった!これはお弁当にもぜひ入れたい♪



田作りはクルミ入り。
osechi2016_2.jpg


パリパリに出来上がってちょっと嬉しい。



人参の飾り切りは煮物に飾ったりお雑煮に入れようと思って。
osechi2016_3.jpg

茹でておくだけでもいいけれど、八幡巻きのごぼうと人参を煮た美味しい煮汁が余っていたのでそれで煮ておいたもの。


紅白なます。
osechi2016_4.jpg

京人参と大根の細さを同じにしちゃったのが残念。
来年の自分へ。億劫がらずにベンリナ―の角度調整を大根と人参で替えること(-_-;)



数の子。ジップロックで漬けておいたので味がしっかりしみた!
osechi2016_5.jpg



筑前煮。
osechi2016_6.jpg



写真は撮り忘れていますがその他に角煮と伊達巻とたたきごぼうを作りました。
合計12種類。



2016年おせち献立覚え書き
・酢ばす
・八幡巻き
・クルミ入り田作り
・飾り切り人参
・紅白なます
・数の子
・筑前煮
・角煮
・伊達巻
・たたきごぼう
・海老の塩焼き
・雑煮

(買ったもの)
・栗きんとん
・いくら
・昆布巻き
・蟹
・かまぼこ



お重に詰めて出したら絶対に手を伸ばさないであろうものを銘々のお盆に乗せて。
osechi2016_7.jpg

こうしないと絶対に食べないだろうからね(´;ω;`)
だから乗せ方は決め事なしで。


その後、元旦の夜にはお重に詰めて食卓に出しました。
せっかくなのでこんな時にお重を使わないとと思って。
以前は小学校の運動会にも使っていたお重ですが、もうそれも必要がなくなり、とんと使わなくなっていたので。




お気に入りのお重です。山中塗。
osechi2016_8.jpg






☆゜.+:。゜ 今日も読んでいただきありがとうございます ゜.+:。゜☆  
にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
 


 

 

スポンサーリンク


☆゜.+:。゜ 今日も読んでいただきありがとうございます ゜.+:。゜☆
 にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ

-2 Comments

さとう様 says...""
うちも結局子供たちはあまり食べませんでした。
いわゆるおせち料理のものは全てピヨ彦と私が平らげた感じ。
でもまあ形だけでも、という気持ちだったのでいいですが。

私は今頃になっておせち心に火がついて(笑)、
図書館で本を借りてきました! ←へそ曲がり
2016.01.07 15:12 | URL | #- [edit]
さとう says...""
今年も!お節は作りませんでした。おほほ。

でも。なんとなくちょっぴり罪悪感を覚えますよ。夫の妹家族が来ましたが、義母も含めて外食したり、お寿司を買ってきたりする様子は内心「うーん・・・。」と思います。でも・・・食べないですもんねえ、餅ですらうちの子は苦手で食べません。義母も高齢でほんとに今年は作らなかった。そのうち、台所仕事も私メインの日が来るとは思いますが、いろいろ悩ましいです。
2016.01.07 13:41 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。