男子学生弁当ブログ 昆布文字弁当

可愛いお弁当は作れないけど、そこそこ美味しいお弁当作ってます

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


☆゜.+:。゜ 今日も読んでいただきありがとうございます ゜.+:。゜☆
 にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ

三色そぼろで男子学生弁当

0







この間、フト出て来たこのフレーズ。


「恋とは戦いと知らされたからは 炎で氷を溶かしてみせる」



昭和なあなたならピンときたでしょう。
そしてほとんどの方が
「?」
でしょう・・・(;´Д`)




これは西城秀樹の「炎」という歌。
テレビからラジオからよく流れてきていた歌なので、
子どもの頃はその意味も知らずに口ずさんでいました。


隣の真理ちゃんの
「若葉が街に 急に萌えだした」
という歌詞も、子供心に
「どうしよう・・・この街が急に燃えだしたら・・・(;´Д`)」
と恐ろしく思いながら歌っていたものでした。


でも今改めて「炎」の歌詞を見てみるとホント秀逸!

「一生一度なら ピエロも主役さ
あなたの心を溶かしてみせる」





この歌だけじゃなく、阿久悠さんの詩は本当にすごいですね。
曲の流れを壊さず、きちんと音符に乗って、それでいてちゃんとストーリーがある。

こういう歌を聞いていると改めて、自分は贅沢な時代に育ったのだなぁと感じます。











20151113.jpg

【今日の男子学生弁当】
・三色そぼろ


【今日のスープジャー】
・豚汁


そんな感動からの、平凡な三色そぼろ(`・ω・´)
20151113_1.jpg



せっかくなので「明星な三色そぼろ」とでも言っておきましょうか・・・
懐かしいですね、「平凡」と「明星」。


今日は三色。
炒り卵と鶏そぼろ。
20151113_2.jpg


鶏そぼろは煮汁が少なくてちょっと失敗。
あとから煮汁を足したのだけど、すでに味がしみてしまって遅かった(>_<)


作り慣れたものでも未だにこんなです┐(- ー;)┌フッ



小松菜の胡麻和え。
20151113_3.jpg

胡麻和えはその時によって味付けが変わりますが、
今日は酢をちょっと入れたかった気分。



昨夜の鍋(私だけ・ダイエット用)の残りを豚汁に。
20151113_4.jpg

具が沈みきってますが。

20151113_5.jpg








私が子供の頃の時代と今の時代は、簡単に比べることはできませんが、
それでも純粋にあの頃の歌はいい歌が多かったし、アイドルとはいえ歌がちゃんと上手だったし!

平成生まれのうちの子達ですら昭和歌謡曲に興味を持つのがなんとなくわかる気がします。


☆゜.+:。゜ 今日も読んでいただきありがとうございます ゜.+:。゜☆
にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ

スポンサーリンク


☆゜.+:。゜ 今日も読んでいただきありがとうございます ゜.+:。゜☆
 にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。