男子学生弁当ブログ 昆布文字弁当

可愛いお弁当は作れないけど、そこそこ美味しいお弁当作ってます

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

スポンサーリンク

久しぶりにパンを焼こうという気持ちに

2




昨年の今頃はパン教室に通ったりしてよくパンを焼いていたのですが、
長男の受験期に突入てからは、そういう気持ちではなくなってきていました。


心に余裕がないというか・・・性格なのでしょうが、趣味で気を紛らすということがどうもできないようです。


でも受験も終わり、引っ越しも済んでホッとした途端、
「たまにはパンを焼いたりケーキを焼いたりしようかな」
という気持ちに自然となってくるのだから不思議です^^;


そんな時に偶然目にした、Backe 晶子さんのエンゼル型付きのレシピ本。
Backe.jpg




前作が大人気で、その第二弾だったのですね。

↓前作は四角い型。



どちらにするかかなり迷いましたが、家族も少なくなり、四角い型の方では多いかな?と思ったのでエンゼル型をチョイス。
Backe_3.jpg

これまで、サイズの買い替えといえば子供たちの食欲が増してきたことを考えて「小から大へ」が当たり前でしたが、
とうとう「サイズダウン」という選択肢になってきたのがちょっと寂しいですね^^;


久しぶりのパン焼きだったので、こんなお手軽なセットと気楽なレシピがちょうど今の気分でした。


届いたエンゼル型は、想像していたよりもかなり立派で驚きました(゚Д゚)ノ
もっとペコンペコンな型だと思っていたので・・・ちょっと嬉しいかも。
Backe_4.jpg



これまでいろいろなレシピ本を見て作ったり、先生に習って作ってきた経験が役に立ったのか、
思いのほかきれいに焼けてビックリ。
bacle_8.jpg


レシピも簡単で、気軽に作れるので
「また作ろうかな」
という気持ちになるのがいいですね。
Backe_6.jpg



オーブンレンジを買い替えたこともあり、これまで挑戦できなかったシフォンケーキも焼けるようになったのでこれもまた楽しみ♪


ただ問題は・・・
甘いお菓子やパンが好きだった長男がいなくなったから、作ったものを誰が食べるのかっていうこと。

次男はパンもケーキもあまり食べないのよね・・・^^;
実家に持って行くか、それともクール宅急便で長男に送るか!?

さて、どうなるか。


参加させていただいた本・「みんなのお弁当日記」発売中です★





☆゜.+:。゜ 今日も読んでいただきありがとうございます ゜.+:。゜☆
にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ

スポンサーリンク


☆゜.+:。゜ 今日も読んでいただきありがとうございます ゜.+:。゜☆
 にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ

2 Comments

鍵コメM様 says...""
おぉぉっ!
Mさん、迷ってらしたのですね!
そう、結構お値段も高いものね・・・(-_-;)

でもこれは買いだと思いますよw
こういった付録つきムックは好きなのでよく買うのですが、
たいがい
「・・・」
なものが多く。ま、それはわかっちゃいたけどさ、なんですがね。

でもこれは違っていて、想像よりも立派でビックリ!でした。
もうすでにパンも何個焼いたことか(笑)
ピヨ彦も気に入ってくれて持って帰りましたw


Mさんのお子さんはまだ小さいのですね。
私も思い返せば小学校の時って長かったかな~。
でもそこからがあっという間だった気がします。

Mさんにも寂しい思いをさせてしまってごめんなさいね!
でも私のように、その時になって慌てて心の整理をつけるよりも、
一番早くて高校卒業で親元を離れるのだ、と覚悟をしておいた方が自分が辛くないかもしれません。

私の場合、直前まで長男の大学が決まっていなかったので、
家から通えるかもしれないという可能性も捨てきれなかったために踏ん切りがつかなかったのですが、
それももっと早くこういう状況も予想していれば寂しさは違っていたのかもしれないし。

でもまだまだ先は長いです、こんなことを考えなくてもいいと思いますよ~^^
2015.04.06 14:36 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.04.04 09:56 | | # [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。